レポート記事

2019.08.07

企業訪問第2弾 8/7(水) “JAMSTEC”

地球シュミレータを用いた研究で世界的に有名な海洋研究開発機構(JAMSTEC)を訪問しました。

地球シュミレータは、地球温暖化を始めとする気候変動の解析・将来予測、地震や地球内変動の解明等、世界に類を見ない「人類的課題に挑戦できる世界最速のスーパーコンピュータ」として運用が始まったそうです。その地球シミュレータを使用して、円周率の演算速度を体験しました。
10桁、何秒かかるかな?
50桁だったら?
大きい桁を入れても、数分で計算が終わることに驚きましたが、実は…。
本来の速さで計算すると、計算速度が速すぎて違いが分からないため、違いが分かるくらいの速度調整が入っていたそうです…。
スーパーコンピュータを甘く見てはいけませんでした。



その後、地球シミュレータを見学。 演算性能やメモリ容量は、普段使用しているパソコンの何倍?何十倍?いやいや何千倍? 地球環境分野の世界中の研究者が利用するスーパーコンピュータは、圧倒的な存在感でした。



データをもとに作られた、未来に起こりうる環境変化のシュミレーション映像を見たり、どこに街路樹を植えたら暑さ対策になるかのシュミレーションを見たり、膨大なデータの活用法の一部を教えていただいたりもしました。
JAMSTECの皆さま、貴重な体験をありがとうございました。

 

横須賀プログラミング”夢”アカデミーとは?

横須賀プログラミング”夢”アカデミーは横須賀の子どもたちの未来の可能性を拡げるためIT・プログラミングを集中的に学べるアカデミーです。

このアカデミーは「プログラミングで世界を目指す」をコンセプトに、年間を通じて、子どもたちの技術と意欲を高める学習プログラム、市内ゆかりの企業や研究機関等との連携、また、国内外の大会への挑戦など、様々なIT・プログラミング経験を重ねることで、令和の時代を生きるスキルを身に着け、将来的に国内外で活躍するIT人材の輩出を目指し開講されました。

なお、この取組みは、アカデミーを中心とした世代・活動場所を超えたつながりや互いの切磋琢磨により、子どもたちと一緒に横須賀の新しい魅力の創造を目指したプロジェクトです。

主催:横須賀市経営企画部企画調整課
委託事業者:株式会社イトナブ
協力:NTT横須賀研究開発センタ、国立研究開発法人海洋研究開発機構、
一般財団法人 電力中央研究所

お問い合わせ・ご質問はこちら
横須賀市経営企画部企画調整課
電話: 046-822-8221
E-mail: re-c@city.yokosuka.kanagawa.jp
この事業は、神奈川県川崎競馬組合が主催する
「川崎競馬」の利益配分を活用した
神奈川県市町村自治基盤強化総合補助金を活用しています。